通販で買った1万6000円の商品の返金が認められたよという判例

タイトル通りなんですが、通販で買った1万6000円の返金が認められたよという判例

泣き寝入りせずに被害回復ができたナイスな事案です

注文と異なる商品が届いたのに返金に応じてくれなかった事案

事案としては、

商品が注文品と異なることを販売会社にメールで連絡
「着払いで送り返してもらえば返金する」といわれ

Xは、カード会社に証 拠資料を郵送するなどして経緯を説明して
カード会社に連絡して支払い停止の申入れをした。

カード会社から調査結果の連絡があり、Yは注文の商品を送ったと主張していてXの主張を認めないため、

カード会社としてはこれ以上のことはできないと言われた

クレジットカードの支払いにいったん応じた上で、
代金の返還をするため、地元の簡易裁判所に「少額訴訟」を提起した

という事案

被害が少額だとかえって裁判の費用がかかるから泣き寝入りが多い。そこで「少額訴訟」

通常の買い物とかだと被害額が少額なんで
弁護士費用とか手続きがむずかしそうとかで

わたしたちは被害があっても泣き寝入りとなってしまいますよね

そこで、「少額訴訟」という制度があります

このメリットは、

60万円以下の金銭請求のためにある制度で、

本人でもカンタンに手続きできるよ!

原則、1回の裁判で判決がでるよ!

裁判所のホームページでやり方も案内されてるよ!

といったところ

ポイントとしては、一回で終わるので裁判官がわかりやすいようにはっきりした証拠があることです

コツとしては、メールのやりとりとか事実や出来事を時系列にまとめることですかね
感情論は抑えてさいごに爆発させましょう(笑)

カテゴリー: Case