結果無価値論・行為無価値論の違い【刑法学説解説】

刑法学における最大の対立というと結果無価値論/行為無価値論です。
これが受験生を悩ませます。
これは、試験として論点となるわけではなく、
具体的な事例の処理において採用する立場が違い、説明説得の仕方が異なるというものです

そうはいっても、刑法の根本的な考え方を学ぶことであり、対立じたいとても大切であると言えます。

結果無価値論と行為無価値論の対立

刑法は、盗んではいけないなど評価を前提に禁止命令をしている法典
これは、行為を制限する行為規範です。

しかし、現実には犯罪をする人の行為の時に機能しているのではなく、裁判の時の認定する規範として機能しています。

これが結果無価値行為無価値の対立の原因となっていて、
刑法とは、事前判断であるか事後判断であるかという法律としての機能の話です。

結果的に、違法となる範囲が大きく変わるので、処罰範囲の問題が指摘されます。
ただ、違法という体系の話なので、責任の段階で処罰範囲を限定するため、最終的には妥当な結論に落ち着きます。
学問的にとても重要ですが、試験や実務ではそれほど困りません。

規範に違反したプロセスとして行為が問題なのか、法益を侵害した事実が結果として問題になるのかの
ポイントは、「規範に違反していない人の行為や、モノなどのヒト以外の行為」をどう判断するか、です

結果無価値論・行為無価値論ふたつの論点

「違法性の実質論」と「違法性の本質論」という2つの論点があります。
この2つの論点は、何がどう違うのかややこしいのですが、平たく言えば、次のように整理できます

・違法性の実質=具体論 

刑法規範に反するとはどういう意味か?
具体的にどんなことをすると違法なのか

・違法性の本質=抽象論 

刑法規範はどんな規範と言えるのか?
(どんな規範に反すると違法なのか?)

違法性の実質とは?

=刑法規範に反するとはどういう意味か?

これはいずれにしても(危険性も含め)法益侵害です。

ただ、結果無価値論が、法益侵害全般を指すのに対し、行為無価値論では、あくまでも行為規範という枠を意識しています。

これは刑法が、「人間の行動(行為)」を、制限するものと考えるからです。

結果無価値論からは、
⇒法益侵害及びその危険

行為無価値論からは、
⇒法益保護を目的とした行為規範に違反すること

というように説明されます。
そういうわけで、人の行為に限定するかどうかで、「範囲が変わる」というわけです。

違法性の本質とは?

=刑法はどんな規範なのか?

これは、違法性の実質で議論した、「具体的に何に違反することが違法なのか?」について抽象的に表現するとどうなるか?です。

そのため、どんな規範のことを指すのかという問いを立てることになります

結果無価値論からは、

⇒「評価規範」です(評価に基づく禁止命令)

刑法とは、禁止や命令の規範ですが、それは、○○することは悪いといったような「評価」が前提にあります。

端的に評価規範に反していることが違法となると考え

したがって、客観的であり、動物による行為なども違法状態ということになります。

行為無価値論からは、

⇒「国民を名あて人とした評価規範」です

こちらはもう少し限定して人間の行為に絞ります。
そのため「違法な状態」は否定されるのです

※ただ、違法では一般人を基準として、責任では具体的な行為者を基準とする、という分け方をするので、その辺りは注意

結果無価値論・行為無価値論の論点ごとの帰結の違い

こちらは不完全ですが、学習当時に自分がまとめていたものです。

見直していないため、間違いもあると思うので修正するかもしれません。

参照していたものは主に井田先生の講義刑法学、あと山口先生です。(リークエもすこし。)

というわけで以上になります。
ありがとうございました。